あとほットダイヤリー

霊鑑寺椿(1)

霊鑑寺椿
なかなかアップするタイミングがなかったので
ちょっと季節外れの写真です
ここは京都の霊鑑寺です。
霊鑑寺は、「椿の寺」と知られていて、哲学の道の東側にあります。
ブロ友さんに教えて頂いて
春の特別公開の最終日の前日(4月12日)に行ってきました。


霊鑑寺椿
京都に住んでいながら、初めて知ったお寺です。
広い庭園内には三十種以上の椿が咲いています。

霊鑑寺椿
椿は落ちてからも素敵で、そんな風景も楽しめます。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

椿が落ちていると必ず目がいきますが
今年はよい場所に落ちている
きれいなままの椿に出会えませんでした(涙)

最後のお写真、桜の花びらも散っているところなんですね。
どのお写真も緑の上に咲いているようできれいですね^^

wako | URL | 2014/05/23 (Fri) 10:36 [編集]


へぇ。
お手入れがいいからかしら?
花びらが散っちゃってるのはよく見るんだけど・・汗。
こんな風にお花のままの椿がころん、ころん。
散ってもなお・・素敵ですね。
苔の緑がまたいいですね。
(*^^*)

nonno  | URL | 2014/05/23 (Fri) 15:36 [編集]


wakoさん

そうそう、桜は終わりかけで花びらが苔の上に散ってました^-^
椿の花が散っても美しく楽しめるように
椿の樹の下には苔があるのかな?
これも「日本のさりげない思いやりの心」かも知れませんね。

wakoさんへ | URL | 2014/05/23 (Fri) 17:21 [編集]


nonnoさん

「椿の寺」っていうくらいですから
ちゃんとお手入れしているでしょうね^-^
椿は散ってからの姿を楽しむのが「わびさびの心」ですよね!

nonnoさんへ | URL | 2014/05/23 (Fri) 17:25 [編集]


こんにちは!

ピンクと白の混じり具合が とっても
可愛い椿ですね。
こういう椿もあるんですね?

けい | URL | 2014/05/23 (Fri) 18:12 [編集]


散ってまで まだ美しき 椿かな
1句です(笑)

ゆっころ | URL | 2014/05/23 (Fri) 19:26 [編集]


哲学の道の傍に椿の素敵な場所があるなんて知らなかったです。
4月とあって、少し肌寒い空気が伝わってきます。
咲いたまま落ちている椿の風景、神秘的ですね。

ツッコ | URL | 2014/05/23 (Fri) 20:44 [編集]


こんばんはv-530

幻想的な椿の写真ですね。
とっても素敵です。

椿を此の様に表現されるあとほさんの
センスは抜群ですね。

pipi | URL | 2014/05/23 (Fri) 21:08 [編集]


枝で咲き、地面でまた咲く!!
椿の醍醐味ですね。
アンダー気味なので人生を感じます。
もう一花咲かせましょうですね^^

はまぴー | URL | 2014/05/24 (Sat) 05:11 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/05/24 (Sat) 07:23 [編集]


けいさん

そうなんです、いろんな椿があるんですよ^-^
まだまだ知らない品種もあるみたいです。
新しい発見のようで、散策していて楽しいです♪

けいさんへ | URL | 2014/05/24 (Sat) 10:56 [編集]


ゆっころさん

お見事!
素敵な俳句をありがとうございます^-^

ゆっころさんへ | URL | 2014/05/24 (Sat) 11:11 [編集]


ツッコさん

私も今回ブロ友さんに教えて頂いて初めて行ってきました^-^
特別拝観の期間しか見られないみたいなので
来年もちゃんとチェックしないとね!

ツッコさんへ | URL | 2014/05/24 (Sat) 11:13 [編集]


pipiさん

自然に落ちているからこそ美しいのでしょうね^-^
pipiさん、褒めすぎ~
いつもありがとうございます♪

pipiさんへ | URL | 2014/05/24 (Sat) 11:15 [編集]


はまぴーさん

「枝で咲き、地面でまた咲く」
いい言葉ですね!

はまぴーさんへ | URL | 2014/05/24 (Sat) 11:16 [編集]


鍵コメさん(7:23)

忙しいのにありがとうございます^-^
今日一日頑張ってくださいね!

鍵コメさん(7:23)へ | URL | 2014/05/24 (Sat) 11:18 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)