あとほットダイヤリー

京の夕べ

京の夕べ(天の川)
お盆休み(12日)、二条城界隈と鴨川
「京の夕べ」を夕方から見に行ってきました。
お盆休み期間中だったので、気分的にもゆっくり見られました。
LEDで「天の川」が作られていて、通り抜けになっていました。

京の夕べ(鴨川の川床)

鴨川では川床も大盛況
来年の夏は、川床料理を食べに行こうかな

PageTop

ナイトクルージング

ナイトクルージング
花火が終わって、一斉に船が船着場に帰ります。
順番があるので、その間はナイトクルージングで楽しみます。

第25回東京湾大華火祭

楽しかった「東京湾大華火祭」も天候にも恵まれて、無事に終わりました。
後は、銀座まで帰るのをどうするかです。
相変わらずゆりかもめの「青海駅」は入場制限で大混雑
ゆりかもめは諦めて、りんかい線で新木場駅有楽町線で
銀座に行くルートに変更
東京テレポート駅に行くまでは、あの有名なDJポリスもいました。

(追伸)
私が乗船した花火のクルージングを企画している会社に編集写真をメールしたら
来年の花火のクルージング募集の際に、HPで採用してもらうことになりました。

PageTop

東京湾大華火祭

第25回東京湾大華火祭
船上からの花火の写真はシャッターを10秒くらい開けたままにするので、
が揺れてこんな感じになってしまいます。
良いように考えればアート的ではありますが

第25回東京湾大華火祭
ということで、絵葉書風にまとめてみました
左上の花火は、オリンピック招致祈願のための五輪花火です。
9月7日にはオリンピックの開催地が決定します。

PageTop

東京夕暮れ

東京夕暮れ
船内で急いで松花弁当を食べて船上にあがりました。
ちょうど太陽が沈む時間でした。
 
東京夕暮れ
東京タワーが見えています。

東京夕暮れ
目の前の橋は、隅田川に架かる勝鬨橋(かちどきばし)です。
真ん中が開く可動橋で、最後に開いたのは1970年だそうです。
遊覧が終わると、そろそろ花火の打上げの時間です。

PageTop

クルージング

パレットタウン
今回は船上から花火を見たくて
150名くらい乗れるクルーザーに乗ることにしました
泊まるホテルは銀座だったので、
新橋駅から「ゆりかもめ」で「お台場」の先の「青海駅」まで行って
パレットタウンという水上バス乗り場からの乗船です。
混雑は覚悟していったのですが、新橋駅はものすごい人
「ゆりかもめ」に乗るのに暑い中、40分くらいかかりました。
やっとの思いでぎりぎりの時間に水上バス乗り場に到着

フロンティアルーツ
乗ったのは「フロンティアルーツ」というクルーザーです。
出航してから船内で松花弁当をドリンクフリー付で食べてから、
船上で夜景や花火を見ます。
早く食べて夕暮れの東京を撮りたくてワクワクです。
でも一つ気がかりなことが
思った以上に船が揺れるので、「シャッターを開放にして撮る花火は…」
と嫌な予感が今頃になってよぎりました。

(追伸)
忙しくてなかなかコメントの返事が出来なくてすみませんでした。
やっと返事を書きましたので、よろしければ読んでください。

PageTop

東京駅夜景

東京駅夜景
去年の10月にリニューアルされた丸の内駅舎は、
照明デザイナーによる6つの照明手法が使われていて
ライトアップの姿は、とても素晴らしいものです。
昼間とは違った顔を見せてくれます。

東京駅夜景
以前は「丸の内」側はオフィスが中心で行くことがなかったのですが、
こちらにも素敵なテナントが入った商業ビルがたくさん出来て
落ち着いた大人の街になっています
このレンガ調のステーションホテルにいつか泊まってみたいな

PageTop

2013東京(夏)

2013東京駅(夏)
前回ブログ写真の万華鏡の風景は「東京駅丸の内駅舎」でした。
私がお盆休み初日の10日から一泊二日で出かけたのは、
東京でした。
目的は、10日の「東京湾大華祭」を見るためです。
この夏の東京は夕方からゲリラ豪雨が多く、
江戸川花火が中止になって隅田川花火も途中で中止になりました
でも、今回こそは大丈夫そうです
期待に胸を膨らませて、
まずは日本郵便が手掛けた商業施設「KITTE」の
旧郵便局長室から丸の内駅舎ビルを一枚
「2013東京夏の旅」の始まりです。

PageTop

万華鏡の風景

万華鏡の風景
以前に、見ている風景が柄になる万華鏡のことをアップしました。
覗く穴が小さいので一眼レフでは撮れません
ということで、スマホのカメラで撮りました
さて、この風景は何処の何だかわかりますか
私は10日から15日まで盆休みなので、
とりあえず1泊2日でこの場所に行ってきます。

PageTop

日本の夏

第43回みなとこうべ海上花火大会
神戸に行った目的は、花火を見るためです。
わざわざ京都から神戸まで花火を見に行ったのは、
知人から観覧席の招待券を頂いたからです。
観覧席は海上の打ち上げ場所の目の前で特等席でした。
花火の写真は年に1回撮るか撮らないかなのでなかなか上達しません
行く途中の電車の中、スマホで検索して「花火の撮り方」の勉強
 ・ピントはマニュアルで無限大(∞)
 ・絞りはF11~F13
 ・ホワイトバランスは太陽かくもり
 ・シャッターはバルブで10秒
が基本みたいなのであとは実践あるのみ
アップで見てもらえる程の出来ではないので、絵葉書風にまとめました。

PageTop

神戸の夏

神戸夏の夜景
連日バタバタしていて、コメントの返事も出来ていません
先週末(3日)に神戸に行ってきました。
この日は、朝から愛知県岡崎市まで仕事で行って、
会社に戻ってすぐに家に帰って、神戸に行きました。
東へ西へ、忙しい一日でしたが、神戸の夜景が疲れを癒してくれました。

PageTop